「SEO対策」で上位表示を目指す

こんにちは。SEO対策のみうです。

最近はSEO対策の成果が出るまでにとにかく時間がかかりますね。SEO対策に時間がかかる理由はgoogleはサイトの運営歴を重視しているからです。新規サイトは簡単に上位表示させてくれないんですね。検索順位を上げるためにはどうしても時間の経過が必要です。

なぜgoogleはサイトの運営歴を重視するのか。昔からあるあるサイトほど信用が高いからです。創業年数が長い企業ほど信用度が高いのと同じ理屈です。

このページは、2014年12月ごろにサテライトブログの一つとして開設してそのまま放置していたページです。1年半経過しています。実験もかねて「SEO対策」で順位が上がるようにがんばってみます。

本当はサイトの運営歴が同じでも長年放置していたサイトよりも定期的に更新してきたサイトのほうが上がりやすいんですがね。運営歴が長くかつ定期更新してきたサイトは持っていないので、このサイトを使います。

以下SEO対策をテーマにした記事です。

SEO対策とは

SEO対策とは検索エンジン(主にgoogle)で狙ったキーワードで検索した際に自分のサイトを検索結果に上位表示させるための技術を言います。ここでいう「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語です。日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。あるSEO会社の営業マンからテレアポの電話がかかってきたとき、お客さんが「SEOの正式名称は何ですか?」と聞いて答え切れなかったというエピソードがあります。でも急に聞かれたらみうも答えられないです。それくらいSEOですでに一般名詞として定着しています。日本では検索順位を上げるテクニックは「SEO対策」と呼ばれていますが「SEO」が「検索エンジン最適化」という意味なので、SEO対策という言葉は厳密に考えるとおかしいという点が指摘されています。

・日本のyahooはgoogleの検索エンジンを採用しています。そして、検索エンジン利用者の9割がyahooまたはgoogleを使っています。Bingや百度などの検索エンジンもありますが、利用者はごく少数です。日本におけるSEO対策は、ほとんどがgoogle対策になります。

参考:

検索エンジン最適化 - Wikipedia

Google検索エンジン最適化スターターガイド

SEO対策と人工リンクを考える

SEO対策におけるもっとも大きな論点が被リンク対策だと思います。

被リンクとは他サイトからリンクされることを言います。他サイトの管理人は紹介したいと思ってリンクするため、被リンクは口コミとか人気投票という機能があります。だから被リンクが多いサイトほど上位表示されやすい。

被リンクのSEO効果を狙って自作自演で人工リンクを付ける人が後を絶たないため、googleは人工リンクにペナルティを課すようになりました。したがって、現在は露骨な人工リンクはSEO効果がありません。SEO効果があるのはナチュラルリンクまたはナチュラルリンクに見える人工リンクだけです。

googleから見てなナチュラルリンクに見えれば人工リンクでもSEO効果があるという点が、人によって考え方に違いがあります。

コンテンツSEO論者は

「素晴らしいコンテンツを作ることでナチュラルリンクを集めて上位表示を目指すべきだ。」

と言います。

コンテンツSEO論者の主張はみう的には正しい面もあると思いますが理想論だと思います。両手を挙げて支持することはできません。素晴らしいコンテンツを作ったつもりでもナチュラルリンクが付かなかったサイトはどうするのか?という問題の解決になっていないからです。

「もっと努力して素晴らしいコンテンツを作れ。そうすればナチュラルリンクが付く。」

と口で言うのは易しいが実現するのが難しい。

「人工リンクを付けるとgoogleにバレる。そのときはバレなくても将来必ずバレてペナルティを受ける。だから人工リンクを付けるな。」と言う考えも全面的に賛成できない。 人工リンクを付けると将来必ずgoogleにバレるかどうかは分からないし、ナチュラルリンクを集めるのが難しい以上、人工リンクに頼る以外に方法がないのが現状です。

こちらにぜんぜんバズらなかったみうが書いた記事があります。

SEO対策の必要性

SEO対策の必要性を説いた記事です。みう的には気が利いた記事を書いたつもりです。しかし、ぜんぜんナチュラルリンクが付かない。だからといってこれ以上書くネタがない。時間が立ったら書くネタが見つかるかもしれませんが、いくら追記をしても推敲をしてもナチュラルリンクは付きそうにないと思います。

「ナチュラルリンクが付かないのは努力が足りないからだ。もっと努力してユーザーを満足させるコンテンツを作れ。」

と口で言うのは易しいけど、それを実現する方法が見つからない。

だから人工リンクはなくならない。

SEOの神は今どこに

SEOの神と呼ばれていた伊藤虎太郎は今はまったく見かけない。正確に言うと「SEOの神と呼ばれていた」じゃなくて「SEOの神を名乗っていた」が正しいんですがね。 このツイートウケる。

伊藤虎太郎で検索すると悪評であふれているわけですが。

目立つと必ず悪評が発生します。悪評に押しつぶされて消える人(例:伊藤虎太郎)と悪評と共存ししぶとく生き残る人(例:イケダハヤト)。

何が違うと思いますか?

みうは気づきました。

SEO対策その他雑記

Q&A掲示板の回答も長文化

数年前と比べるとネット上の記事は全体的に長文化しています。okwaveなどのQ&A掲示板の回答も長文化しているんですよね。これは面白いかも。 SEOに強いから長文化するのは分かりますが、Q&A掲示板でいくら長文回答をしても回答者にはお金にならない。回答者はヒマなのかと思いました。

twitterのつぶやきをまとめて長文記事に

どんなに知識があっても思うことがあっても情報発信をしなければ第三者からは評価されない=お金を稼げない。みうは気が付いたことはそのつどツイッターでつぶやいています。ツイッターのつぶやきをまとめて長文記事にしています。いきなり長文記事を書くのは大変ですが、このやり方はラクであります。

キャッシュ

インデックスはされているけどキャッシュが付いていないページを見かけます。そのようなページはgoogleの評価が低いページです。ページを更新したあとキャッシュが付くことが多い。 ページを更新したことでgoogleの評価が上がってキャッシュが付いたと判断しています。いったんキャッシュがついたあとキャッシュが消える現象を何回か確認しています。しばらく更新していないからグーグルの評価が下がって消えたと判断しています。

みうはページのキャッシュが更新されたかどうかをよく見るのですが、順位の変化とキャッシュの更新は関係があるのではないかと思っています。 4/30に「SEO対策」166位⇒82位に上がりましたが、そのときキャッシュが更新されていました。次もキャッシュが更新されたときに順位が上がると思っています。

naverまとめ注意点

naverまとめは露骨な商用ページへリンクするとnoindexが付けられます。商用ページだけど無料で役に立つ記事が掲載されているページにリンクするのならセーフです。 でも本当に意味での非商用ページはないと思う。記事は無料で読めてもアドセンス広告を付けていページもあるし。

コメント投稿について

「中身が薄い長文化は意味がない」と言われていますが、それと「コメントが活発だと順位が上がりやすい」は矛盾しているのではないかと思いました。コメントの中には「大変参考になりました。有益な記事を公開していただきありがとうございます。」と汎用性が高いコメントを一言二言書いているにすぎないものもあります。もし矛盾がないように考えると どっかのSEO記事に「重要なキーワードは上にほうに書こう」と書いてありました。コメント欄はページの一番下に設けられているので問題なのだろうかと思いました。重要なキーワードはページの上のほうに書いてあれば下のほうはどうでもいい駄文でも上がるのか。


Copyright(C) 2012 SEO対策 All Rights Reserved.